MENU

鍛え出した体

鏡を見ると、自分でもだらしないと感じてしまう体を見て、とにかく現状を何とか打破したいとつくづく感じました。

 

さて、筋トレをやるのですが、それと並行して行うのが、「糖質ダイエット」です。
私は、過去に糖質ダイエットをして8キロぐらい落としたことがあります。

 

しかし、仕事が内勤になってからというもの、食生活の乱れと、運動のなさから元と同じぐらい、膨らんでしまいました。

 

 

筋トレは、やせてからやるべし!

よく、太ってから筋トレをして体を大きくするという話がありますが、これは嘘です。

 

実際には、嘘ではないのですが、太った状態で筋トレをやると、ただ脂肪が燃焼するだけで筋トレの効果がほとんど出ません。
しかも、脂肪を燃やすだけの筋トレというのは、プロのアスリートがやっている量をこなしてもできません。

 

そんなトレーニングを一回の社会人にできるかというとまず無理です。
まずは、糖質ダイエットと、1日のカロリー量を制限してあげて、体の脂肪を減少してあげます。
そして、一定の量まで行ったら筋トレを取り入れて、脂肪の燃焼を促進してあげる方法を取ります。

 

1日のカロリーって?

カロリー調整といっても、何も食べないというわけではありません。
あまり過度にやってもうまくいかないので、1日の中でボーダーを作ります。

 

以前は、1日1300キロカロリーでやっていました。
また、その水準を維持していきたいと思いますが、なかなk難しそうなので1500前後でやっていこうと思います。

 

男性の1日が1600キロカロリーぐらいが1日何もしなくても消費するので、ペースは遅いですが、ちょっと動くので痩せていくはずです。
慣れてきたら、カロリーも、減少させていこうと思います

 

他に、週に1度はチートデイを用意して、ストレスがたまらない環境を作ってやっていきたいと思います。